食戟のソーマ 弍ノ皿 1話「その箱に詰めるもの」あらすじ、感想です。

秋の選抜本線が始まった。
1回戦から創真の出番。そしてお代はお弁当。

そして対戦相手は薙切アリスだった。

アリスが作ったのは手鞠寿司。
趣向をこらしたその寿司は審査員達を魅了していく。
そして極めつけは鯛寿司。そしてその横にある球体は…出汁
鯛茶漬けだぁ~

でたぁ総帥のおはだけ!
(なにそれw)

そして創真はのり弁で勝負!

保温出来る弁当箱を使った創真。
そしてその中身。ビールを磯辺揚げや、たらのフライ
審査員達をあっちの世界に誘っていくww

弁当箱に詰めるべきは何なのか…
おいしさとその先にある物…

そしてご飯。その上に乗る球体。それは海苔のうまみを凝縮したものだった。
駄菓子からヒントを得たそれは、イクラの偽物作るあれだ。
それを応用したのだ。
そしてラストはだし汁かけて…うまいに決まってる!!

食戟のソーマ 弍ノ皿 1話場面カット_009


弁当箱に詰めるべきは…心…
否…アリスの弁当に…
弁当だから伝えられる楽しさ、進化させる工夫、新しさがあったか?

アリスは創真の弁当を食べて…温かい・・・
結果、創真の勝利。

そして2回戦、恵の戦いが始まる!!

---

前回の続き。
弁当で勝負です。
弁当と言えば駅弁思い出すんで、そっちかと思ったw

創真のあののり弁…塩っぱそうなんだが…大丈夫か?w

そして相変わらず意味のない?マッパの表現ww
好きだからいいけどねw

---

アニメ ブログランキングへ



以降場面カットまとめ。

【食戟のソーマ 弍ノ皿 1話「その箱に詰めるもの」】の続きを読む