もぐもく独り言

アニメ,漫画,感想,趣味,情報,自分が見たい物、興味ある物をエロよりで独り言…

    アニメや漫画の感想等を独り言のように記載しています。

    2014年05月

    7話「なにがなんだかリンカさん!」

    あらすじ
    大変ですー!中央から監査官っていうとっても偉い人が来ることになりました!
    その人は私たちのお仕事に不正がないか見に来るそうで、私の書いた書類や報告書も検査されるらしいです!

    b0e1522c.jpg

    【エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~ 7話感想…普通に兄妹なのか?リンカ・・・なにがなんだかww】の続きを読む

    7話「還らずの谷」

    あらすじ
    旅を続けるチャイカ一行は次なる遺体を入手すべく、八英雄の一人・魔法師(ウィザード)のシモン・スカニアが4年前、最後に目撃されたというラデミオの街にたどり着く。

    43883cf7.jpg

    【棺姫のチャイカ 7話感想…あの車って瞬間移動?できるんか・・・走ってる意味有るんか?www】の続きを読む

    7話「死に手<サクリファイス>」

    あらすじ
    世界第3位の巨大海洋国家、東部連合に目をつけた空たち。しかしジブリールはいくら空と白の二人でも東部連合には勝てないと告げる。

    d7b2f3ce.jpg

    【ノーゲーム・ノーライフ 7話感想…パロやめれwドラえもんにげんどうさんw】の続きを読む

    7話「デスバザー日和」

    あらすじ
    トレーター事件について調査を進めるシド、茜、クレイ。事件の裏に見え隠れする魔女の気配に気を引き締める3人。一方つぐみたちは、キムとジャクリーンも誘ってウキウキ勉強会。

    7d46e8d5.jpg

    【ソウルイーターノット! 7話感想…エターナルフェザー・・・死んだ??大丈夫か?・・・でも予告がほんわかだったがww】の続きを読む

    7話「拳に込めた信念」

    あらすじ
    兼一が梁山泊から逃げ出している最中、梁山泊には道場破りが現れていた。

    5ec43272.jpg

    【史上最強の弟子ケンイチ 闇の襲撃(OVAシリーズ) 7話感想…最近オッパイ少ないなwで、ケンイチがんばれ・・・】の続きを読む

    7話「静寂の月夜、夜明けの空」

    あらすじ
    二度目の聖天子狙撃のあおりを受け、重傷を負った蓮太郎。護衛官たちの立てた警備情報は、狙撃犯に筒抜けだったのだ。狙撃犯――ティナを追った延珠は返り討ちにあい、深い眠りに落ちている。

    a392ebe5.jpg

    【ブラック・ブレット 7話感想…ティナよかったな~元気になって・・・】の続きを読む

    5話「己虚シク」

    あらすじ
    マヴェスを操縦するために必要なのは、操縦者同士の思考の同調……。高い同調率を示したヘイトとエミルは、意図せずに無明領域付近での実地訓練へペアで参加することに。

    69322505.jpg

    【M3-ソノ黑キ鋼- 5話感想…エミル遂に覚醒か・・・】の続きを読む

    7話「妹襲来」「二人の夜」「スーパーアシスタントをおんぶ」


    妹が遊びに来ました。彼女は足須の子供のころのアルバムを愛徒に見せると・・・

    a42b0974.jpg

    【マンガ家さんとアシスタントさんと 7話感想…いくら水着着てるからって一緒に入るっていいのか?w】の続きを読む

    7話「とんでもないことを知ってしまった。消される前に俺は身を隠す」

    あらすじ
    臨海学校で出会った大司教河くるみ子を旗ヶ谷学園に転入させようと考えた颯太達は理事長の孫であり生徒会長の美森の力を借りることに。

    03e33d64.jpg

    【彼女がフラグをおられたら 7話感想…ちょろいなwww】の続きを読む

    7話「誕生ミッドサマーズナイツ」

    あらすじ
    ハナの予知通り、第1防衛圏内に出現したアマロックたち。挟み撃ちに逢い、苦戦を強いられるダイチの前に現れたのは、テッペイと彼のキルトガング・アルビオンだった。

    227a8599.jpg

    【キャプテン・アース 7話感想…なんか戦隊ものもたいだなw】の続きを読む

    7話「入学編Ⅶ」

    あらすじ
    紗耶香は催眠術によって過去の記憶を改ざんされ、ブランシュに利用されていた。達也は自分と深雪の日常を損なおうとするものすべて駆除すべく、ブランシュを叩き潰そうとする。

    95d6e60a.jpg

    【魔法科高校の劣等生 7話感想…深雪さん強怖いな】の続きを読む

    6話「ヘッドフォンアクター」

    あらすじ
    担任のせいで、文化祭で特別企画を行わなくてはならなくなってしまった榎本貴音はため息をついていた。一方、同じクラスの九ノ瀬遥は企画を行うことに前向きだ。

    5f1ee30f.jpg

    【メカクシティアクターズ 6話感想…話がわからんw話が飛ぶな~】の続きを読む

    このページのトップヘ