もぐもく独り言

アニメ,漫画,感想,趣味,情報,自分が見たい物、興味ある物をエロよりで独り言…

    アニメや漫画の感想等を独り言のように記載しています。

    2013年05月

    今日も防波堤で釣りをしている拓朗。
    すると全身がモコモコした子供が現れて、拓朗に話しかけてきた。

    MUROMISAN_001_20130501150852.jpg
    【波打際のむろみさん 第4話「食物連鎖とむろみさん」 感想】の続きを読む

    痔になった堂珍の手術当日、担当医師の菊川麗華が突然医師を辞めてしまう。
    お見舞いに訪れた佐隈たちは、堂珍と入院患者たちの無気力な態度と、極度に悪化した痔の症状に驚く。

    AZAZERU_001
    【よんでますよ、アザゼルさん。Z 第4話「絶望のエウリノーム」 感想】の続きを読む

    学校から帰宅した京介が家のドアを開けると、玄関に風呂上がりの全裸の少女が立っていた。

    OREIMO_001_20130501143944.jpg
    【俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第4話「俺の妹のライバルが来日するわけがない」 感想】の続きを読む

    どんなもんかやってみました。

    VITA01.jpg

    最初に「コンテンツ管理アシスタント」なるものをインストールします。

    USBで接続してインストールできるようですが、今回は以下で
    ダウンロード。インストールしました。
     http://cma.dl.playstation.net/cma/win/jp/
    【PlayStation Vita PCと接続してみた(WiFi)】の続きを読む

    横寺たちに裏切られたと感じた梓は、部屋にひきこもってしまった……。
    変態さんの横寺も、さすがに今回ばかりは真剣に梓のことを考えてしまう。

    HENTAI_001_20130501143216.jpg
    【変態王子と笑わない猫 第3話「哀しむ前に声を出せ」 感想】の続きを読む

    美柑の貞操は守られるのか…

    TOLOVE_D012_101.jpg
    【ToLOVEるダークネス 5巻付属DVD OVA Bパート「Pollen plan~危険な妹情事~」 2/2】の続きを読む

    大家族で暮らすヨルムンガンドの家に押しかけたシロップは、そこで三つ子の妹と育ての親のトラビスたちと出会い、彼女の家族への想いを知る。

    LEVIATHAN_001_20130501134407.jpg
    【絶対防衛レヴィアタン 第4話「絶対呼んじゃうもん」 感想】の続きを読む

    「泣いて、喚いて、それで解決するならそうしている……」
    「何もしない人もいる中で、なぜ君はそう選択するんだろう?」
    突如出現した第2のセプテントリオン『メラク』の討伐指示に駆り出さられるヒビキたち。

    DS2_001_20130501133812.jpg
    【デビルサバイバー2 第4話「激動の月曜日Ⅲ」 感想】の続きを読む

    セリーヌの花粉を浴びた美柑は…

    TOLOVE_D012_001.jpg
    【ToLOVEるダークネス 5巻付属DVD OVA Bパート「Pollen plan~危険な妹情事~」 1/2】の続きを読む

    ドルシア軍をたった一機で撃退し、一躍、時の人となったハルト。
    救助のためにモジュール77にやって来た、ARUSの特使・フィガロは、ハルトを賞賛しつつ、共に逃げることを提案する。

    VALVRAVE_001_20130430173844.jpg
     
    【革命機ヴァルヴレイヴ 第3話「エルエルフの予言」 感想】の続きを読む

    天気予報を裏切る雨の神社、士道は水たまりで遊ぶひとりの少女と出合った。
    どこか儚げで、何かに怯えているような様子の少女。

    DATEALIVE_002_20130430173334.jpg
    【デート・ア・ライブ 第4話「不機嫌な雨」 感想】の続きを読む

    総集編

    TIHAYA_001_20130430172911.jpg
    【ちはやふる2 第16話「みゆきまたなむ」 感想】の続きを読む

    いるはずのないところで目撃された自分。『超能力者(レベル5)』のクローン製造計画と軍事利用、そしてそれが自分のDNAマップを元にされているという噂……。

    TOARUKAGAKU_001_20130430172511.jpg
    【とある科学の超電磁砲S<レールガン> 第3話「超電磁砲量産計画(レディオノイズけいかく)」 感想】の続きを読む

    このページのトップヘ