劣等感の塊・結城美菜実が性欲と引き換えに手に入れた能力?時間停止?。胸に刻まれた性欲カウンターと共に、望む未来へ突き進む彼女の心は徐々に黒く染まってゆき……莫迦な女の?ふしだら?な生き様の結末は…!?


ぼくらのふしだら(2) (ヤングキングコミックス)

漫画 ぼくらのふしだら 2巻 感想です。

美菜美は時間停止を使って事件を起こしてしまいます…
そしてなにやら信一にも秘密が?

ネタバレ注意です。


漫画・コミック ブログランキングへ

美菜実ついに・・・

まさか久保田を…
信一が何で知っているのか謎な言葉だが、

早速美菜実は信一に
して・・・
とパンツ脱ぎだした。

ぼくらのふしだら2巻sample_001


--

その頃久保田。病院のベッドの上・・・。
資料室で脚立から落ちたと言うことになっていた。

美菜実を使ってあんな事やこんな事。
今までのうっぷんを晴らすとちかう久保田
その前に美菜実を捕まえて・・・

が…
彼の寝ているベッドに無数の包丁が突き刺さっていた。

ぼくらのふしだら2巻sample_002


・・・いつでも殺せる

しかしデータがあれば・・・そのデータの入ったスマホやPCが無くなっていた。

そして新聞記事が降り注ぐ…そこには自殺や転落しの記事だった。。。

・・・わからないならもういいです

そう記述された紙が久保田の前に…

これで久保田は失脚することに・・・

--

力を使ってしまった美菜実は信一の所に。
でも誰もいない・・・

彼のシャツの匂いを嗅ぎながらオナニーを始める美菜実。
「いいよぁ信一…」
彼が自分おオマ○コをいじっているように想像…
「はっ…そこ もっと・・・」

ぼくらのふしだら2巻sample_003


人に人生へし折ってこんな事して…
サイテーだ・・・

私は悪くない

オナニーしても満足できない…
そんなとき信一が帰ってきた。

ごめん・・・約束を破ったりしない…
今度こそ僕は君の味方だから…

言っている意味がわからないが・・・

ぼくらのふしだら2巻sample_004


--

大学の推薦枠に入った。
とても順調な日々・・・

安済との仲もよくいなり、いまでは勉強を教えている。

でも怖い・・・能力を使えば使うほど、またバレるのではないかと…

そして信一に抱いてもらう日々…

オマ○コをくちゃくちゃといじる音が部屋に響き渡る。
声を押し殺し、シーツを掴んだ手に力が入る…。

「もう少しだから…」

美菜実の背中を舐めると
「あひん」と身体が跳ねた。

「そんな何カ所も したら…」
そして身体を硬直させてイッてしまう美菜実…

この行為が一番美菜実の心を穏やかにしてくれた。

「私としたい?私、信一なら…」

ぼくらのふしだら2巻sample_005


しかし信一に美菜実からの言葉が思い起こされ…
(あれ?この描写は一体???

「君を大切にしたいというか、そういうのはちゃんと僕から…」
と、断る信一。

そんな美菜実は自分の能力を告白しようとするが
バレたときのことを思いだし・・・言えなかった
もし、同じようなことが起きたら、あんな目に遭わせないといけないのか…

その日、彼女の前にあの女が出てきた。
彼に教えるのはやめた方がいい…と。

君は自己愛の塊で
疑り深く酷薄なニンゲンだもの…今度こそ人を殺すことになるから

ぼくらのふしだら2巻sample_006


バレたとき、何故人を処分すること前提なんだと言わる…

「それは言いように使われちゃうから…」
「いいじゃない。一緒に使えば~みんなで仲良く幸せに…」

そんなこと考えなかった美菜実・・極度の自己愛 それが本質

しかし事件は起きてしまった・・・

--

婆さんに大学のことでケンカになった。
おもわず階段から突き落としてしまった美菜実。

ぼくらのふしだら2巻sample_007


そして彼女が現れた…
「今すべきは・・・・」
そして耳元でささやかれた一言で美菜実は・・・。
「だったら・・・」

もう辛くて堪らないの・・
信一の家で再び、彼の指で現実逃避…
「もっと早く…」
ニチャニチャとアソコをいじる音。

ぼくらのふしだら2巻sample_008


「ねぇ信一 私の事好き?」
「好きだよ じゃなきゃこんな事しないよ…」
美菜実はそう言われると彼にキスをした。
舌を絡ませながら…ついに絶頂が訪れた美菜実…

外ではサイレンの音が・・・

ぼくらのふしだら2巻sample_009


お婆さんが亡くなった・・・でも美菜実は笑っている…

彼女から言われた言葉。
それは
「他人の価値もあなたが決めていいのでしょう?」

その言葉で吹っ切れた美菜実。

保護者がいなくなったため、代わりに出ていった父が。
しかしその父、保険金をもらうとそそくさと行ってしまう
保護者面するかわりに保険金よこせ…そんな親父だった。

ぼくらのふしだら2巻sample_010


美菜実の様子がおかしい。
信一は、心が癒やされるのは友だちが出来たから
というが、聞く耳もたない。

そんなとき、信一の前に例の女が現れた。
これは・・・

ぼくらのふしだら2巻sample_011


信一も彼女からもらった何らかの力を持ているらしい・・・

--

ある日、美菜実は推薦が取り消されたと報告を受けた
それは親父さんの事だった。
昔事件を起こしていたのだった。それがバレて取り消しに・・・
愕然とする美菜実。

ゆるさないゆるさないゆるさないゆるさないゆるさない・・・

憎しみだけが彼女の心を黒く染めていく。

そして何故か性欲が・・・なんで
トイレに駆け込んでオナニーする美菜実。

「早く終わらせなきゃ…」

しかし全然達することが出来ない。
昨日まで簡単に終わったのに!!

スカートを脱いで、右手を前、左手を後ろに回して同時にオマ○コを責め立てる。
激しい快感が美菜実を襲った。これなら・・・

ぼくらのふしだら2巻sample_012


しかし性欲カウンターが1しか下がっていない!?
信一を呼ばないと・・・
取り出した携帯…

その携帯をクリトリスにあてがった。バイブ機能をオンにして・・
なんでこんな情けない事に…

そんなとき、トイレに安済達が入ってきた。
その時彼女の口から衝撃的なことが…
同じ大学に行こうとしていたのだった。
しかも推薦だしたという・・・・・

推薦に横入りしたのアンタだったんだ
ゆるせない…うらぎったな…
ゆるさないゆるさないゆるさないゆるさないゆるさない

ぼくらのふしだら2巻sample_013


そして美菜実の逆ギレ。

--

美菜実は時間を止めて、安済さんの肩を叩き続けた。
それはまるで幽霊がやっているように。
徐々に恐怖する安済さん。

美菜実は相変わらず信一の指に溺れていた。
「そっこっ もう少し…胸も触って…」
乳首を引っ張られる美菜実・・
ぞくぞくぞく・・・と身体が震えイッてしまう美菜実

「しちゃう?SEX その方が早そうだし」
しかし決して信一はしようとしない。
「欲に溺れて傷付けたから」と・・・

ぼくらのふしだら2巻sample_014


そして安済さん…
ついには自分で自殺するとメールを送った。がそれは美菜実の仕業で

ぼくらのふしだら2巻sample_015


美菜実は脅える安済の目の前に現れた。
そしていきなり屋上。フェンスの外に縄を掴んで命拾いした安済さん。

ぼくらのふしだら2巻sample_016


推薦を奪ったと、復讐にはしる美菜実。

「やめるんだ!!!」
信一が駆け込んできた。何故ここに!?

ぼくらのふしだら2巻sample_017


もう知っているから・・・
時間を止められることを…

彼はずっと前から知っていた。
何度もやり直している。

才穂は力の事を知らず、美菜実を抱いた。
でも周囲の異常に気がついて彼女を拒絶した。

そしてやり直して救いたいと思った。
それが巻き戻しの力・・・

なんども・・・
自殺したり、久保田や親父さんに殺されたり・・・

そしてわかった。この力で幸せに何てならない。
9回やり直して一度も大学に行けていない。

一緒にやり直そう
そう言ってへたり込んだ美菜実を抱きしめる信一・・・

やり直そう
巻き戻せば記憶も消えるから嫌なことは全て忘れられる…。

ぼくらのふしだら2巻sample_018


幸せの用件は価値じゃない
それが間違っているんだ…
誰かに「必要」とされる事なんだ…

キミには僕がいる手を取り合った美菜実と信一。
そして・・・・
  :
  :

--

謎の彼女は別の所にいた…
美菜実たちの…過去に起きた出来事を話していたようだが…

「貰うわ」

ぼくらのふしだら2巻sample_019


私は ただひと時、恋を経験してみたいだけだもの

つぎなる犠牲者が・・・
そして貰った力とは・・・

-----

てことで2巻でした。

後半ホラーになってきたなww
美菜実も生活環境があれだったから、自分を守らなければならない一心で生きてきて、
あんな結果になってしまった。・・・感じがしますね。

心に余裕がなくなると?
イケなくなってしまう。
終始最後まで死にチトしませんでしたが、カラクリがあったようです。
最初は知らなくてエッチしたけど、美菜実の本性が見えて逃げてしまった信一。

でも助けたい一心で巻き戻し、過去に戻って助ける事を選んだけども・・・・
美菜実は・・・やっぱり美菜実・・・

この物語最後はネタバレ割愛させていただきました。
その後どうなったのかは想像、もしくは読んでみて下さいね。
ごめんね・・・。

そして…わたしのふしだら1巻に続きます。



ぼくらのふしだら(1) (ヤングキングコミックス)
ぼくらのふしだら(2) (ヤングキングコミックス)


わたしのふしだら 1巻 (ヤングキングコミックス)


漫画・コミック ブログランキングへ